インターへ通われる児童をお持ちのご父兄様へ

「インターに通っているから、英語は問題がないのよねぇ。。
でも最近、日本語がおかしくなってきてちょっと心配なのよ。。。」
そんなお悩み、ございませんか?

「まなび舎」にお任せください。
インタースクールに通われている子供たちがよく言うセリフがあります。
「インターに通ってるのに、なぜ日本語の勉強をしなくちゃいけないの?」
「日本語の勉強」って言われると、どうもやる気が出ません。
それが、「読書」だったら??

「ことばの学校」のメソッドを使うと、楽しく読書ができます。
そして、「もっと読みたい!」という変化が現れます。
すると、知らないうちに、語彙力どんどん増えていって、上手に日本語が話せるようになります。

英語も大切です。
でも豊かな日本語を使えるような大人になれば、将来きっといろいろな道が開けていくと確信しています。
「まなび舎」に通って、読書することで楽しく正しい日本語を習得していきましょう!

インター校進学のメリット/デメリット

インター校へ進学する最大の利点は英語の習得並びに異文化の体験だといえます。国際化社会での共通語ともいわれる英語に毎日浸かることで、生きた英語を習得できます。また様々な国籍・宗教・文化的背景を持った生徒たちの集うインター校では、ボランティア活動やアフタースクールアクティビティ等の課外活動が盛んにおこなわれており、勉学だけでなく人間性を磨く多くの機会にも恵まれていることです。

一方、懸念点になるのが、日本語による思考力・表現力・読解力の低下です。特に、様々な事柄を言語化する習慣を身に着ける幼少期から小学校低学年までの期間は、言語自体を吸収する力が高く、お子さんを取り囲む環境が英語のみに偏った場合、日本語の基礎力をつけることが疎かになってしまいがちです。帰国後に言語の面で困らないようにするためにも、同年齢の日本人のお友達との交流や日頃の自宅学習はもちろんのこと、学習塾で年齢相応の日本語に触れる回数を増やすのも一つの対策です。小学校高学年から中高生になってインター校へ進学する際は、編入学時に求められる英語力が高くなります。また、進学後は学齢までに習得してきたことを基礎とした学力が求められますので、今まで日本語で学んだことをすべて英語に置き換える作業が大きな壁となります。ただし、すでに日本語の基礎力が身についていれば、この壁を乗り越えて双方の言語を伸長させられるメリットを享受できるでしょう。(ハローアジアから抜粋)

語彙力診断クイズ

問題1 (  )の中に当てはまる言葉を1~4から選びましょう。

❶( )にも出さない

意味;口に出さず、それらしい様子も見せない。

あくび  ②おくび  ③せりふ  ④くしゃみ

❷(  )を折る

意味:ものを数える。

羽  ②指  ③えら  ④しっぽ

 

問題2 次の言葉とつながっている言葉を選んでください。

❶「うさぎ」

一羽  ②一杯  ③一体  ④一尾

❷「あじさい」と言えば季節はいつですか。

春 ②夏 ③秋 ④冬

 

問題3次の中で、最も丁寧な言い方の文を選びましょう。

❶ご注文の品は、以上でよろしいでしょうか。

❷ご注文の品は、以上でそろわれましたか。

❸ご注文の品は、おそろわれになりましたでしょうか。

❹ご注文の品は、おそろいになられましたでしょうか。

 

問題4以下の文の表現が正しいものを選びましょう。

❶鬼は散々にこらしめられて、へとへとの体で逃げ帰った。

❷鬼は散々にこらしめられて、はらはらの体で逃げ帰った。

❸鬼は散々にこらしめられて、ほうほうの体で逃げ帰った。

❹鬼は散々にこらしめられて、ほろほろの体で逃げ帰った