語彙力診断テスト

【6/20 まなび舎日記】
マレーシア くKuala Lumpur

こんにちは。
最近のマレーシアは、照りつける太陽の光は暑いですが夕方は涼しさを感じる今日この頃です。
日本の夏はこれから蒸し暑い酷暑の季節になっていきますが、マレーシアはなんとなく過ごしやすい季節で過ごせるかもしれませんね。

読書指数診断テストを4月に行い、その結果がやっと日本から届きました!

今日ご紹介するのは小6K君です。

まなび舎歴3年で、今年4年目となります。
そんな彼の今回の試験結果はビックリするものでした😆

総合語彙力判定は、今回受験した小6生徒数522名中34位❣️❣️

そして読解力は1分間に749文字を
読書速度3倍で読んで解き、正答率100%で61位でした😄
これは中学三年生平均相当の結果となっています。

小学生から中学生まで受験した今回のテストでの彼の推定語彙量は、25500~26300語❣️
総合順位は
3124中281位でした❣️

私たちが保護者の皆さんに『小学生の間に30000語を目標としてください!』とお伝えしている【30000語】にあともう少し!という素晴らしい結果を今回のテストで表してくれました。

コロナでMCOが発令され、教室で授業ができない間でもオンライン授業にも
参加してもらい、休まずに授業ができた結果が今回の結果に現れたと思います。

入塾当時のK君は、読書は好きだけれど
本をしっかり集中して読めていないような感じでまなび舎の授業を受けていましたが、今ではしっかり目で文字を読み、文章の情景を感じ取れる読書の姿勢が身につくようになりました。
最近は「もっと難しい本が読みたい!」と口にするようにもなりました😄

先週、学校の運動会が終わった後に授業中に感想文を書いていた時、書いている文章を見ていた国語の先生に褒められて、その文章をみんなの前で発表されたそうです😆

しっかりとした読書ができるといい事がたくさん起こりますね。
お母様からは、
『勉強に心配はあまりありません』と
お聞きしたように、きっと彼の勉学にも身についた語彙力や読解力はとても役に立っていると思います。

これからも、『なんとなく読書』ではなく『活字をしっかり目で追える読書』で
本を楽しんでいって欲しいです!