まなび舎日記


フェイスブック最新記事

2021/07/16

7月16日【まなび舎日記】クアラルンプール マレーシア

新規感染者が12000人を超えてしまって、またまだ先が見えないマレーシア。
そんな中、まなび舎に新しい仲間が加わりました。

JSKL5年生のNちゃんと、インターyear9のRちゃんです。

Rちゃんは、来年日本の高校を受験するそうです。

『Rちゃんは、どうして他の学習塾じゃなくてまなび舎を選んでくれたん?』

『はい先ずは、完全に一対一の個別授業だったのと、5教科の他に読書があって、楽しそうだなぁって思ったからです。私、本が大好きなんです。』

『そうなんやぁ。。じゃあきっと受験勉強も楽しく勉強できるわー。インターに通いながらの受験は大変やけど、一緒に頑張ろうな!』

まだまだオンライン授業が続くマレーシアですが、全力でサポートするからね!

You can do it ❣️

#マレーシア生活 #マレーシア留学 #マレーシア暮らし #マレーシア子育て #マレーシア在住 #クアラルンプール生活 #クアラルンプール習い事 #クアラルンプール子育て #読書 #読解力 #語彙力

2021/07/04

【7/4 まなび舎日記】

Kuala Lumpur マレーシア

こんにちは。

今日は、東京渋谷区の企業体験型人材育成プログラム【MANABUYA】という
中高生たちが全国から集まって新しいビジネスを立ち上げよう!という企画に
まなび舎の塾生2人が参加し挑戦してくれました。
今日がちょうど最終発表日となり
塾長と2人で視聴させて頂きました。

参加してくれたのは、中3Kちゃん「カレゴン」と中2Yちゃん「とらら」です。

彼女達のグループ名は
【とららEDUCO】
このグループは、SGDsの17目標の中から【貧困】【飢餓】【健康】【教育】を取り上げ、その中の【教育】という重要な課題に他の3つを結びつけそれを課題文献としました。

内容は、貧困や飢餓で健康問題にも発展しうる大きな要素のある発展途上国の子供たちに、平等に【教育】を受けることが出来る環境作りをしていくというものです。

1⃣世界共通語の英語学習を無償で先進国から発信する。
2️⃣言葉がわかるようになるとたとえ学校に通わなくとも自分で勉強することができ、将来の自分の道を作り上げることが出来る。
3️⃣飢餓や貧困の社会現象を止めることが出来る

ただ1つここで1番問題になる事が
授業発信をオンラインで行う為、ネット環境を整え必要となるタブレットを配るという事にお金がかかるということだ。

課題と向き合いながらも、その重要な問題となる部分を解決できるよう試行錯誤し、会社の利益を産むことも考慮しながら新しい起業への1歩を実現するためにYちゃん率いるグループは1ヶ月もかけて下準備をし今日のプレゼンに繋げてくれました!

素晴らしい出来栄えに心から感動しました。

とららグループ全員にとっても、とても良き大きな経験になったことだろうと思います😄

こういう経験を、まなび舎の小学生や中学生達にたくさん出会えるようこれからもいろなイベントを考えていきたいと思います。

とららちゃん、カレゴンちゃん
本当にお疲れ様でした!!!

そして、今回貴重な体験をご提案頂いた
MANABUYAの実行委員会副委員長の
今吉さんに心より感謝申し上げます。
ありがとうございました!!

2021/06/21

6月21日【まなび舎日記】
クアラルンプール マレーシア

『塾長!こんにちは😃お久しぶりです。』

まなび舎OGのMちゃんです。

なんと彼女はカナダに留学中。2週間の自宅隔離が解けて先週からやっと学校に通えるようになったそうです。

『なんや、全然変わってへんやん。見た感じ中学生のままやなぁ。笑』

『塾長ひど〜い。もう高校2年生なんだけど。。』

『で、カナダはどうなん?先生の言う事わかるん??』

『うん、わかるよー!だって1年間オンライン授業受けてたもん。』

彼女の夢は、医者になること。
マレーシアとバンクーバーの時差は、16時間ありますが、ずっと応援してるからねー‼️

気づけば、3時間!
楽しかったなぁ。。。

頑張れーーーー‼️

« 2 of 3 »